Top >  福祉関連読本 >  老人介護 常識の誤り (新潮文庫)

老人介護 常識の誤り (新潮文庫)

老人介護 常識の誤り (新潮文庫)
三好 春樹
老人介護 常識の誤り (新潮文庫)
定価: ¥ 460
販売価格: ¥ 460
人気ランキング: 71660位
おすすめ度:
発売日: 2006-04
発売元: 新潮社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
老人介護 常識の誤り (新潮文庫)の詳細を見る

先日老人介護 常識の誤り (新潮文庫)という本に出会いました。老人介護 常識の誤り (新潮文庫)はちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この老人介護 常識の誤り (新潮文庫)を読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも老人介護 常識の誤り (新潮文庫)を読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

老人介護 常識の誤り (新潮文庫)は、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、老人介護 常識の誤り (新潮文庫)は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから老人介護 常識の誤り (新潮文庫)はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。老人介護 常識の誤り (新潮文庫)は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

三好論入門
この本から新しい介護興味を持つには良いと思います。

すでに生活リハビリシリーズを読まれている方にはそのかいつまみの内容ですからまったく読まれる必要はありません。

内容は、なるべく普通の生活に近い介護をしよう(難しいですが)ということです。



評価が難しい本です・・・
久しぶりに三好氏の著作を読んでみたが、良くも悪くも論調は変わらない。近代医学や科学的なものは介護では役に立たず、主観的でシロウト的な発想が必要であると説いている。
未だ混乱状態にある介護現場では、氏の論調に同意する人も多いと思われる。私自身も考えの方向性はかなり同意できそうであるが、本の構成がやや中途半端な気がする。エッセイとして読むのであれば、さほど気にならないが、介護の常識を批判する啓蒙書であるのであれば、論理の矛盾が散見され、批判に無理がある箇所が多く詰めが甘い。また、トンデモ理論も飛び出すところが、評価のしづらい理由である。
後半の介護技術に関する文章は、言葉を出来るだけ「シロウト」っぽくしているだけで、専門知識があればこそ生きてくる内容である。また、氏の理論や方法が正しいかどうかは、やはりきちんとした科学的手法を用いないとなんともいえないから、なんとも皮肉である

参考になりました
自分に何ができるか?気負わず、無理せずに。

そんな疑問の答えを探して複数の本を読んでいた時に手に取った一冊でした。

実際の例を用いて、なぜ良い方向に進めたのか?
の”なぜ”の部分に着目した考え方で非常に参考になりました。
一般的な介護の考え方とは一線を画す部分が多々あります。

専門家の方々の言うことがすべて正しいわけではない。
これはおそらく、病院や介護に関わったことのある方は感じた事があると思います。
(専門家の方々が悪いという意味でなくても)

不透明な部分や、言われたからそうせざるをえない部分だと思っていたところに、こんな考え方もあるのだと教えていただきました。

また、身内や近しい者だからこそ出来る事についても、とても参考になります。
また心構えというか、どんな気持ちで接するのが良いかを
押し付けがましくなく教えてくれます。
特に徘徊する人に関するくだりには、考えさせられました。
老人介護に関心のある人には、一度目を通していただきたいなと思う一冊です。

老人介護 常識の誤り (新潮文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 U‐CANの福祉住環境コーディネーター3級過去問題集〈2006年版〉  |  トップページ  |  次の記事 介護等体験における人間理解―教師を志すあなたへ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4816

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。