Top >  福祉関連読本 >  社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)

社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)

社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)
一番ケ瀬 康子
社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)
定価: ¥ 1,092
販売価格: ¥ 1,092
人気ランキング: 515125位
おすすめ度:
発売日: 2005-03
発売元: 一橋出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)の詳細を見る

社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)は同じような種類の本と是非見比べてみてください。いろいろ見比べても最後にはきっとこの社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)を手に取っていることでしょう。

本に求めている内容は人によって違いますが、社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)にはほとんどの人が求めていることがわかりやすく書かれています。読みやすく見やすいことも社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)の特徴ですね。

もし同じことに興味を持っている人がいたなら、あなたもこの社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)を紹介したくなると思いますね。

社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)は一読の値打ちがありますよ。

何かぐいぐい引き込まれるというか、社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)という作品に地力があるのか、
私は自分で思ってたより、引き込まれてしまいましたね。

まあこの作品には色々な意見がるようなんですが、
私の周囲では社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)っていいよ!って意見が結構多いんです。

でも、何も反応が無いような作品より、こんな風に様々な意見があること自体がこの作品の力なんじゃないかな?と私は思ったりするんです。

内容が平易でわかりやすい
社会福祉の重要性を説く書物は、多くの場合、その重要性のみを強調して他の分野にまでは目を配ることが少ないのだが、本書も例外とはいえない。しかしながら、社会福祉の分野は長年の間、他の分野の学問と比べて軽視されてきた傾向があることは否定しがたい事実といえよう。しかも昨今のわが国の状況を鑑みるに、社会福祉の重要性がこれほど注目されている時代もあるまい。なるほど、トータルに「弱者」という枠を当てはめてみれば、該当する人数、割合は明治や大正のほうが多かったかもしれないが、当時は権利としての社会福祉という概念が存在していなかった時代であり、同一線上では語ることはできない。おそらく昭和の時代ですら、完全の権利ではなかったようにさえ思われる。それゆえに、現代は社会福祉の充実こそが現代社会の根底に存在しているマイナスの「なにか」、を解決していく上で欠くべからざる政策だと考えられる。その観点から考えると、本書は高校生から、を念頭に置いて平易に書かれており、社会福祉入門書としての使命を十分に果たしている考えられる。著者の更なる活躍を期待したい。

社会福祉とは何か (介護福祉ハンドブック)の詳細を見る

 <  前の記事 介護でへこたれない (Vol.2) (主婦の友生活シリーズ―主婦の友BOOKS)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4810

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。