Top >  福祉関連読本 >  高齢者介護と心理

高齢者介護と心理

高齢者介護と心理
小林 敏子
高齢者介護と心理
定価: ¥ 2,415
販売価格: ¥ 2,415
人気ランキング: 129073位
おすすめ度:
発売日: 2000-08
発売元: 朱鷺書房
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
高齢者介護と心理の詳細を見る

最近、風呂場ん中で読書をするというのにハマっている。
湿気で本がフニャフニャになるのだが、ま、あまり気にしないことにしている。

昨日から「高齢者介護と心理」を読み始めた。正直、私は後悔している。
こんな良い本を風呂場とかで読むのは罰当たりだという気がしている。

高齢者介護と心理の中にでてくる、ある言葉は私を幼少の時分へとタイムトリップさせてくれる。

誰の心の中にもある風景。「高齢者介護と心理」の中にはそれがあるような気がする。とりあえず表紙がフニャフニャになってしまったので、もう一冊買うかも知れない。

介護とは過酷なプロセスを生きる道
私は、2年半前から要介護5のアルツハイマー型痴呆症の実母の在宅介護をしています。ディサービス・ショートスティを利用しても今後在宅介護をいつまで継続できるのか不安のただなかにいました。そんな時友人の主催するグループホーム(新設)に入居できることになったのです。しかしこれで私の介護の日々に終止符が打たれたわけではないのです。本日ケアマネージャーからお借りしたこの本のp90「介護者の心の健康」のk・鈴子さんの気持ちが痛いほどわかります。介護とは、直接関わった人間にしか十分には理解できない「過酷」なプロセスを生きる道であると私自身は受け止めています。母の介護には直接関わってはいない4人の兄・姉たちにも読んで欲しいと願っています。

高齢者介護と心理の詳細を見る

 <  前の記事 グループホームの質確保ガイドブック―サービス評価の徹底活用のすすめ  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4662

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。