Top >  福祉関連読本 >  男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)

男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)

男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)
樋口 恵子
男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 565052位
おすすめ度:
発売日: 1998-08
発売元: 法研
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)の詳細を見る

男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。この男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)は情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私は男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)の本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)でちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)はオススメです!

男の料理があるように男の介護の仕方があるはずだ
介護は、親を持つ者ならいつか来るもの。両親はいつまでも元気のはずが、突然それがやってくる。その備えとして読んでみようと本書を手に取ると、すかさず現実(介護)はやってきた。
本書は佐江衆一の小説「黄落」の次に読んだが、小説とは違った角度で介護の心得が述べられている。しかし、本当に知りたいことは歯がゆいほど書かれてはいない。役所や施設の交渉など知りたいものだ。けれど、気づかされたことがある。それこそ「男の介護」のことだ。実社会で揉まれている男のやるべく介護の発想が提案されている。「プロジェクト」として取り組めというのだ。
ドロナワ式に、目先の処理に追われるのではなく、チームとして対応せよ、という檄文として読んだ。家事の片手間に対処してしまいがちな妻や嫁の二番煎じではなく、「男の料理」のように「男の介護」をやってみよ! という挑戦状と受け取った!

一人で背負わない
資生堂のばりばりサラリーマンだった著書。鹿児島の両親は、兄弟が面倒をみていたが、問題が発生。家族会議の結果、著者が面倒をみることになり、会社をやめ、東京から鹿児島に移り住むという大胆な決断。その点が珍しいが、参考になるのは、彼が自分一人で親の介護をかかえず、地域の人たちや医療関係の人たちの助けを、うまく借りて、持続可能な介護計画をたて実行した点。介護にも仕事のマネージメントの考え方をとりいれたのである。それを、介護保険ができるまえに、実施したのがすごい。介護は女だけの仕事ではない。いろいろ参考になる本で、もっと読まれていいと思います。

銀座・赤坂・青山
消費財メーカーでコピーライターでありマーケティングのプロデューサーであった(つまり銀座・赤坂・青山で暮らしていた)男が鹿児島へ帰郷し父親の介護に専念するお話。明日は我が身です。

男の介護―48歳サラリーマンの選択 (みんなの介護)の詳細を見る

 <  前の記事 いけいけ!ボランティアナース―在宅ケアの新しい形  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4705

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。