Top >  福祉関連 >  身体障害者福祉司になるには

身体障害者福祉司になるには

身体障害者更生相談所には、医師や心理判定員などの医療・福祉の専門職員が身体障害者福祉司と協力して、身体障害者一人ひとりに対しもっとも効果的に更生できるよう技術的な判定を行ないます。
利用者がより良い生活を送れるよう、他の職種や地域とのネットワークを活かして仕事を進めていかなければなりません。
身体障害者福祉司は公務員試験に合格した人のうち下記の任用資格のいずれかに該当する人が任用されます。
・大学で指定科目を履修し卒業していること
・社会福祉主事任用資格を持ち、2年以上の実務経験があること
・厚生労働大臣指定の養成施設を卒業していること
・医師であること
・上記に準ずる学識経験者であること
しかし、必ず希望通りに任用されるとは限らず、まず行政職や事務職に携わった後、人事異動によって身体障害者福祉司として配置されることもあります。

 <  前の記事 身体障害者福祉司とは  |  トップページ  |  次の記事 福祉施設におけるボランティア活動  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6248

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。