Top >  福祉関連 >  介護サービス運営の要 - ケアマネージャーとは

介護サービス運営の要 - ケアマネージャーとは

ケアマネージャーになるには、実務研修を受けるための試験に合格し、その後に実務研修を受けた後、さらに介護支援専門員名簿に登録される必要があります。
ただし、ケアマネージャーは保健・医療・福祉の各分野に精通していることが必要とされる専門職のため、その受験資格として一定の資格と一定期間の実務経験が必要とされています。
具体的には、「医師、保健師、看護師、介護福祉士、社会福祉士など保健・医療・福祉の分野にわたる国家資格を持っている人で、その資格に基づいた業務に従事期間5年以上かつ実務日数900日以上従事した人」とあります。
ケアマネージャーになるには場数を踏んでおく必要があるといえるでしょう。
また、児童指導員や福祉担当職員など相談業務に携わった人にも、一定の職場で5年以上かつ実務日数900日以上あれば試験を受けることができるようです。
その他に、介護の業務に従事していた人にも資格の有無により必要な実務経験に違いはありますが、受験のためのチャンスは与えられているようです。
実務研修を受けるための試験に晴れて合格した後、必要な専門知識や技術を習得するための実務研修を受けることになります。
これには実習作業も含まれています。
実務研修を終えると修了証が発行されます。
その後に、介護支援専門員名簿に登録されることとなります。
仕事の内容的に様々な知識・経験が必要とされるハードなものですが、逆に言えば需要の高まりに絡んでやりがいのある仕事とも言えるかもしれません。

 <  前の記事 介護支援専門員とは  |  トップページ  |  次の記事 保健師とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6833

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。