Top >  福祉関連 >  生活指導員・生活相談員の仕事内容は

生活指導員・生活相談員の仕事内容は

「生活指導員・生活相談員」の仕事として、ボランティアや保育園児との交流などを地域とのつながりのために力を入れています。
もうひとつの障害者施設で働く生活指導員は、入所者の生活援助や訓練をしてあげるのが主で服の着替え、食事、入浴そして排泄などふだんの生活習慣ができることや施設内作業は介護職員と協力しながら指導をしていき、各種行事の立案をしそれを行い、保護者やそれぞれの関係機関と調整や連携をとっていくのです。
身体的に不自由や障害をもたれている方にとって、社会福祉のために働いてくれている人はありがたい仕事ですね。
そして職員の方も知識や技術を持っていれば、なお働きやすいと思います。
各施設では生活指導員になるため資格要件は違いますが、求人の大半は社会福祉主事任用資格を必要としています。
職場も採用条件として社会福祉士資格がある方を求めているところが増えています。

 <  前の記事 生活指導員・生活相談員とは  |  トップページ  |  次の記事 精神保健福祉士とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6276

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。