Top >  福祉関連 >  「作業指導員」「職業指導員」の仕事内容とは

「作業指導員」「職業指導員」の仕事内容とは

「作業指導員」「職業指導員」とは、施設内外の医師や作業療法士、生活指導員などとも連携して作業適応指導も行い、作業能力や意欲を高めていけるようにも努めています。
「作業指導員」「職業指導員」とは、施設入所者の作業能力や意欲・仕事への意欲などを高めてあげることが課題となります。
ですから、作業している人の意見や思いなどをよく聞いてあげ、人間関係や仕事内容も含めて、入所者にとって働きやすい環境にしてあげることも大事なことであるといえるでしょう。
作業指導員・職業指導員として働くための資格というものは特になりませんが、実際の現場では、作業指導員・職業指導員の有資格者は働く指導員の半分以上いるのです。
そして、特に自動車運転免許の取得している「作業指導員」「職業指導員」は、製品の搬入・搬出のために求める施設はたくさんあるでしょう。

 <  前の記事 「作業指導員」「職業指導員」とは  |  トップページ  |  次の記事 生活指導員・生活相談員とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6274

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。