Top >  福祉関連 >  活躍するホームヘルパー

活躍するホームヘルパー

法的にホームヘルパーとして働くために資格は要りませんが、ただ採用面となると厚生労働省が定めた基準の「ホームヘルパー養成研修」を終えた人が選ばれることがほとんどだそうです。
「ホームヘルパー養成研修」は各都道府県で1級から3級の認定をしていますが、その研修は介護知識や技術などホームヘルプサービスの質の向上を図るためにおこなわれます。
入門コースよりも基本研修の2級からの受講希望者が多いのですが、これは2級からの受講も可能であると共に、福祉の現場でも2級以上の必要性が多いためのようです。
主任ヘルパーへの養成目的でもある1級は、2級修了した人が対象となっています。
都道府県で指定を受けた事業者がホームヘルパー養成研修2級課程を実施し、受講資格は性別・年齢不問でコースの総受講時間は講義58時間、演習42時間、実習30時間の130時間です。費用は各実施機関で違うようです。

 <  前の記事 ホームヘルパーとは  |  トップページ  |  次の記事 介護職員とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6270

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。