Top >  福祉関連 >  病人の支えとなる看護師

病人の支えとなる看護師

現在は、在宅ケアをされている方も増えていますね。
そのため、訪問看護師として働かれているかたも多くなってきているのです。
ホームヘルパーさんや保健師さん、ケアワーカーさんなどと協力し、在宅看護サービスをするというのも一般的になりました。
そして、このスタイルも定着しつつあるのです。
看護師の仕事は医療と福祉の広範囲になります。
医師と患者さんの補助や支えとなり、早く健康になれるよう動いてくれます。
そのぶん看護師の仕事は体力勝負の仕事ともいえるでしょう。
子どもや障害者、高齢者など、たくさんの人たちと接しますので細やかな配慮、早く適切な処置をするなどが必要なのです。
看護師になるための試験は、国家試験として国が行っています。
さらに、毎年2月下旬に看護師になるための国家試験があり、筆記のみで90%前後の合格者が出ているのだそうです。

 <  前の記事 看護師とは  |  トップページ  |  次の記事 ホームヘルパーとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6268

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。