Top >  福祉関連 >  児童福祉司・児童相談員の仕事とは

児童福祉司・児童相談員の仕事とは

児童福祉司と児童相談員は、家庭内の複雑で深刻な問題に対応するために、社会学・心理学・福祉に関する知識、ケースワークの技法などの専門知識が求められます。
それから、援助を必要としているのは子供だけではなく、保護者も援助の対象に含まれます。
児童相談所を頼ってくる人は心身の障害や家庭の不和などの問題を抱えサポートを必要としています。
何でも相談できるように信頼関係を築かなければならないため、幅広い教養と経験があり相手の立場に立ってよく話を聞いて事情を把握できる人、包容力、辛抱強さを持った人がこの仕事に適していると言えるかも知れません。
児童相談所は行政機関です。ここで働くには地方公務員試験の合格が必要です。
そして一般行政職として採用された後に児童相談所へ配属されるか、定期人事異動により配属される場合に児童相談所で働くことができます。
児童福祉司の任用条件を満たしており、児童相談所での勤務を希望していても、必ずその職に就けるとは限りません。

 <  前の記事 児童福祉司・児童相談員とは  |  トップページ  |  次の記事 看護師とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6266

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。