Top >  福祉関連 >  家庭相談員・母子相談員の仕事とは

家庭相談員・母子相談員の仕事とは

家庭相談員・母子相談員とは、事務所内での面接や電話による相談が殆どですが、場合によっては相談者の家庭を訪問し悩みを聞くこともあります。
家庭相談員と母子相談員は共に福祉事務所を仕事場としています。
すべての福祉事務所に家庭児童相談室があるわけではありませんが、家庭内暴力や引きこもりなど、深刻な問題に対処できるようこのような相談機関の必要性は高まっていくと考えられます。
家庭相談員になるためには、任用条件である
・ 大学で児童福祉学、児童学、社会福祉学、社会学、心理学、教育学のいずれかを修了し、卒業していること
・ 医師の免許を有していること
・ 社会福祉主事として2年以上児童福祉の仕事に従事した
以上のどれかに該当していること。その上で公務員試験を受けて合格することです。
今までの職歴や人生経験が採用の決め手となります。
母子相談員は、特別な資格や任用条件は必要ありませんが、児童・福祉に関する知識と豊な人生経験、社会福祉主事の経験などを求められる場合があります。

 <  前の記事 家庭相談員・母子相談員とは  |  トップページ  |  次の記事 児童福祉司・児童相談員とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6264

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。