Top >  福祉関連 >  理学療法士の仕事とは

理学療法士の仕事とは

理学療法士とは、リハビリに関して医療や福祉、スポーツの分野と幅広く活躍する仕事であると言えます。
理学療法士の行うリハビリはリハビリルームだけでなく、治療期間から回復・観察期間に渡っていろいろなリハビリを行うのです。
それだけではなく、車椅子や義肢など機器との調整、病気の再発防止も重要な役割の一つです。
そのため、特に医師、作業療法士、言語聴覚士など他のリハビリスタッフ、そして看護士、医療ソーシャルワーカー、介護福祉士、保健士とも患者の治療に対する情報交換を緻密に行なうことが必要になります。
理学療法士になるためには、国家試験を受け合格しなければなりません。
受験資格は、下記のいずれかに該当することです。
・高校卒業後、理学療法士養成学校、または養成施設で3年以上専門知識と技術を修得すること
・外国で学んだ人は厚生労働大臣から認定を受けること
現在では、大学・大学院での教育が主流となってきているようです。

 <  前の記事 理学療法士とは  |  トップページ  |  次の記事 家庭相談員・母子相談員とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6262

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。