Top >  福祉関連 >  作業療法士の仕事とは

作業療法士の仕事とは

作業療法士とは、医療と福祉の分野に渡り、主にリハビリテーションを実践するという仕事を担っています。
また、
・病気や事故などのため身体の機能に障害を負ってしまった人
・心や精神による疾患から日常生活や社会生活を送ることが困難になった人
・心身の発達・成長期にあって病気や事故により障害を受けた子供
・加齢によって発生した心身の障害を持つ高齢者
など、領域の違う障害に対する援助を行なうため作業療法士の役割も多様であると言えます。
また、社会全体でリハビリの重要性が認識されつつあるため、作業療法士に対する福祉の分野でのニーズがより一層高まってきているのが現状です。
作業療法士になるためには、高校卒業後、作業療法士養成学校か養成施設において3年以上専門知識や技術を修得した上で、国家試験に合格する必要があります。
海外で作業療法に関する学校を卒業した、あるいは免許を取得した人は、厚生労働大臣から日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると認定を受けると国家試験を受験することができます。

 <  前の記事 作業療法士とは  |  トップページ  |  次の記事 理学療法士とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6260

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。