Top >  福祉関連 >  言語聴覚士の仕事とは

言語聴覚士の仕事とは

言語聴覚士は、医師、歯科医師、看護士、理学療法士、作業療法士、など医療専門職、またケースワーカー、介護福祉士、介護支援専門委員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職などと連携して仕事を進めていきます。
法律上では、聴力検査や嚥下訓練は医師の指示の下に行なうよう規定されていますが、それ以外の訓練や指導は特に、医師の指示の必要は明記されていません。
ことに福祉の現場では、言語聴覚士には大きな裁量権が認められています。
言語聴覚士はスピーチセラピスト(ST)とも呼ばれますが、できてまだ10年足らずの若い国家資格です。
国家試験の受験資格は、高校卒業後、◇言語聴覚士の養成校で3年以上学ぶこと◇大学で、指定された科目を履修して卒業すること◇一般の大学を卒業後2年以上養成校で学ぶことのどれかに該当していることです。
 言語聴覚士養成校は3年又は4年間です。
言語聴覚士国家試験の試験事務は(財)医療研修推進財団が行なっています。
詳細はそちらに問い合わせて下さい。

 <  前の記事 言語聴覚士とは  |  トップページ  |  次の記事 作業療法士とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6258

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。