Top >  福祉関連 >  心理判定員の仕事内容は

心理判定員の仕事内容は

心理判定員は、身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所で訪れて来る本人や家族との面談の上、本人の心理判定をします。
障害者の自立のために、様々な検査器具を使った検査を行ない、その結果を社会生活を送るための精神的、身体的、職業的な訓練に反映させます。
他の職員と協力して障害者の自立を助け続けるのです。
又、多くはありませんが、身体障害者更生施設、精神障害者社会復帰施設などの福祉の分野でも、心理半定員の専門知識が必要とされています。
今後、高齢者に関わる福祉の分野などで、さらに活躍の場が広がってゆくでしょう。
心理判定員は国家資格になっていませんので、一般職員が心理判定員の仕事を行なっていることも多いのが実状です。
心理判定員の任用条件は、・精神保健に関する学識経験を有する医師、・大学で心理学を専攻したか、これに準ずる資格を有する者上の2つです 臨床心理士の資格を持っていた方が、採用に有利かも知れません。

 <  前の記事 心理判定員とは  |  トップページ  |  次の記事 言語聴覚士とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6256

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。