Top >  福祉関連 >  義肢装具士になるには

義肢装具士になるには

義肢装具士は、製作のノウハウを習得していますが、それに伴う設計や製図、デザイン、工作機械の操作技術、整形外科、システム工学、生体力学、人間工学、リハビリテーションなど様々な方面の知識も必要とされます。
義肢装具士・・・この職業の特徴は、他のリハビリテーション系職種(理学療法士や作業療法士など)の多くが医療機関や福祉の職場で勤務しているのに対し、義肢装具士の資格を持つ人は殆どが民間の義肢製作所に勤めており、その製作所が契約を結んでいる医療機関やリハビリテーション施設、その他の福祉施設などの治療現場に出向いて業務を行なっている点です。
義肢装具士になるためには、国家試験を受けて合格する必要があります。
義肢装具士になるための国家試験の受験資格は、高校卒業後、義肢装具士養成校または養成施設において3年以上必要な専門知識や技術を修得することです。

 <  前の記事 義肢装具士とは  |  トップページ  |  次の記事 心理判定員とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6254

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。