Top >  福祉関連 >  福祉住環境コーディネーターの仕事内容は

福祉住環境コーディネーターの仕事内容は

福祉住環境コーディネーターとは、その人にとって良い住宅環境とは何か、その人本人も気づいていない問題点などを洗い出して、本人や家族と話し合いながら、最適な住環境を造っていくための改造プランを考え、提案します。
工務店やリフォーム会社、福祉用具の販売店などとも連絡を取り合って費用を明らかにする必要もあります。
在宅だけでなく施設についても、住環境整備の側面から対応していきます。
福祉の政策や施策、保健・福祉サービス、補助金などについての情報の提供も行ないますし、福祉用具などの開発や製造などにも関わります。
この様に、福祉住環境コーディネーターの仕事は多岐に渡るため、福祉・保健・医療・建築に於ける幅広い知識が求められます。
福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所によって資格取得の検定制度が設けられています。
受験資格は特にありません。
1級・2級・3級があります。3級に合格していなくても2級を受けることができますが、1級は2級合格者を対象としています。

 <  前の記事 福祉住環境コーディネーターとは  |  トップページ  |  次の記事 義肢装具士とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6252

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。