Top >  福祉関連 >  ボランティアの存在とは

ボランティアの存在とは

専門性を活かしたボランティアとしては、音楽療法士の資格を持っている人が音楽活動の中心を担ったり、手芸や絵画を趣味とする人が講師をしたりと活躍しているところもあります。
ボランティアの年齢層を見ると、福祉系の学校に通う高校生や大学生から、定年後、空いた時間を有効に使いたいと考える年配の人まで幅広く参加しているのがわかります。障害者更生施設での活動が広い範囲で行なわれている分だけ、必要とされるボランティアの年齢や技能の幅も広くなっているようです。
施設での、利用者に対するサービスの提供に、ボランティアの存在は欠かせないものとなってきました。
ボランティアの仕事といっても殆どが無償です(一部有償のボランティアもありますが)。
ホームページや施設へ問い合わせることで、募集しているボランティアの活動内容や、交通費・食費などの経費について自己負担がかかるのかなど確認をしておきましょう。
将来、福祉の仕事に就きたいと考えている学生さんは、在学中、時間が取れる時には積極的にボランティア活動に参加すると良いでしょう。
施設で働く職員の動きや仕事内容、雰囲気をつかんでおくと参考になると思います。

 <  前の記事 福祉施設におけるボランティア活動  |  トップページ  |  次の記事 福祉住環境コーディネーターとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6250

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。