Top >  福祉とは >  介護福祉士の仕事とは

介護福祉士の仕事とは

身体や精神上の障害により、日常生活を営む上で支障のある人を動作・家事・健康管理・社会活動と様々な面での支援を行なう介護の中核的な存在となるのが介護福祉士ですが、その方々の資格取得後の自己研さんが欠かせぬものとなってきます。
介護福祉士の具体的な仕事としては、掃除・洗濯・調理など家事援助、入浴・排泄・着替えなど身辺介助、薬の管理・病院への付き添いなど健康管理、余暇活動参加など社会活動援助、あわせて、要介護者である家族に対しての、介護に関する助言などがあります。
従って、自ら調理、栄養学、心理学、医学一般、福祉といったいろいろな分野の知識に加え体力や機敏な動作も要求されることになります。
介護保険制度の導入により、介護の方向性が「施設入所から在宅生活支援」に移行する中、介護福祉士も在宅の場での活躍が期待されています。
今後、他の専門職との連携が一層重要になってくるでしょう。

 <  前の記事 介護福祉士とは  |  トップページ  |  次の記事 身体障害者福祉司とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4935

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。