Top >  福祉とは >  母子指導員とは

母子指導員とは

「福祉」とよばれる職場で活躍している職種の人は数多くあります。
その中の一つに「母子指導員」「少年指導員」とよばれる職種もあります。
「母子指導員」「少年指導員」とはどういった仕事なのかについて紹介していきましょう。
「母子指導員」「少年指導員」は以前、母子寮と呼ばれていた施設で働いています。
母子寮とは「母子生活支援施設」ともよばれていました。
この「母子生活支援施設」とは、いろいろな事情で配偶者がいなくて、経済的に苦しんでいる母子に社会的に自立できるように支援を行うことが目的とされて設置されているのです。
社会的に自立できる支援とは、生活できる場所を提供するということも含まれています。
まず、「母子指導員」についてですが、母子指導員とは母子生活支援施設にて母親が仕事に就くことが出来るように援助したり、子供の育児や家事などの日常の相談にのったり、母親の精神面・・・親族などの関係を変えるなど・・・の支援を行ったり、関係機関・法的な手続きなどとの調整を行ったりしているのです。
では、母子指導員になるにはどうすればいいのかについて紹介しましょう。
母子指導員になるには、任用の条件を満たす必要があります。
その条件として、
・厚生労働大臣の指定する養成学校かもしくは養成施設を卒業すること
・保育士の資格を取得すること
・高校を卒業後に、児童福祉事業に2年以上従事することなどです。
職場としては、一般の公務員として採用されることがほとんどのようです。
ただ、年々、母子生活支援施設は減少の一途をたどっているようでこれから先は増える見込みはないようですので、就職は難しいと言えます。

 <  前の記事 長寿国の立役者 - 保健師とは  |  トップページ  |  次の記事 少年指導員とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6836

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。