Top >  福祉とは >  保健師とは

保健師とは

『保健師』とは、地域住民など集団を対象として健康・衛生管理やそれに伴う指導・相談などを行なう人たちです。
現在、結核患者が著しく少なくなったのも、保健師たちの活躍のおかげであるといえるでしょう。
以前は法律により保健婦という呼称で女性のみの資格とされていましたが、現在では男女を問わずこの職業につくことができます。
保健師の仕事の場としては、保健所や各地方自治体の保健課、また民間企業の厚生施設や訪問看護ステーションなどです。
市町村で働く保健師は乳児検診や成人検診、予防接種、高齢者や障害者など在宅患者の家庭訪問など、その区域内に暮らす幅広い年齢層を対象としています。
保健所で働く保健師は精神・療育などの障害者、難病患者、結核やエイズ患者などを対象とし、また疫病対策など専門的・広域的な対応が必要な業務を行います。
また、企業で働く従業員とその家族の健康管理に努める産業保健師も存在します。
大学など学校に勤務する保健師もいます。小・中・高等学校に勤める場合には養護教諭の免許が必要です。

 <  前の記事 介護サービス運営の要 - ケアマネージャーとは  |  トップページ  |  次の記事 長寿国の立役者 - 保健師とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6834

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。