Top >  福祉とは >  介護支援専門員とは

介護支援専門員とは

『介護支援専門員』とは、介護保険制度により新しく誕生した専門職です。
一般的には「ケアマネージャー」と呼ばれることが多いようです。
近年、介護サービスの必要な高齢者が増えたことにも絡み、このケアマネージャーという職業も注目されてきているようです。
その役目は主に介護を受ける高齢者に効率的・効果的に介護サービスを利用してもらうために必要なものを提案、そして介護サービスを行う事業者との連絡・調整をします。
いわば、介護サービスのコーディネーターないしプランナーといえる仕事です。
介護プランを作成するだけでなく、介護サービス利用者に実際に提供されたサービスの種類などを細かくチェックする事務的な仕事も含まれています。
これは介護サービス事業者に介護給付費が支払われるようにするためです。
また、市町村から委託を受けた場合はその職員の変わりに高齢者の自宅を訪問して、介護が必要であるか調査するということもします。
介護保険というものを円滑に運営するのにおいて、なくてはならない存在とされています。
実際の職場としては、居宅介護支援事業所、介護保険施設、老人ホーム、各市町村が設置している在宅介護支援センターなどです。
最近では、生命保険会社や福祉用具品販売の会社などでは、ケアマネージャーの資格所有者を優遇・採用する傾向があるようです。

 <  前の記事 『ヒト』を理解し支える - ケースワーカー・ソーシャルワーカーとは  |  トップページ  |  次の記事 介護サービス運営の要 - ケアマネージャーとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6832

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。