Top >  福祉とは >  『ヒト』を理解し支える - ケースワーカー・ソーシャルワーカーとは

『ヒト』を理解し支える - ケースワーカー・ソーシャルワーカーとは

現在のところケースワーカーやソーシャルワーカーになること自体には、基本的に資格を有する必要はありません。
一応、国家資格として「社会福祉士」というものがありますが、実際の現場ではそれに関して必要とする場合はまだ少ないようです。
(ただし、配属先により他の資格が必要な場合アリ。)
柔軟な対処をしていくことも必要とされるので、むしろ資格などよりも様々な経験や豊富な知識が必要となるでしょう。
また、福祉に関してはもちろんのこと、常に色々なことに興味や関心を持ち続けることも必要になってくるかと思います。
常に精進・学習することが必要となる職種と言えましょう。
ケースワーカーやソーシャルワーカーとして働くには、公的機関や福祉施設へ職員として就職する場合が多いかと思います。
就きたい配属先によっては、その他別種の試験を受けたり、その他の国家資格などが必要になる場合もあるでしょう。
また、配属先により仕事内容や方針も変わってきます。
ですので、ボランティア活動などでいろいろな施設を回り、自身で就きたい配属先の情報を収集する必要もあるかと思います。

 <  前の記事 ケースワーカー・ソーシャルワーカーとは  |  トップページ  |  次の記事 介護支援専門員とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6831

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。