Top >  福祉とは >  ケースワーカー・ソーシャルワーカーとは

ケースワーカー・ソーシャルワーカーとは

福祉のお仕事の中には、『ケースワーカー』ないし『ソーシャルワーカー』と呼ばれるものがあります。
生活指導員、児童指導員、相談員という職種がこれに当てはまると言えるでしょう。
ケースワーカーとソーシャルワーカー、この呼び名の違いによる仕事内容の違いはなく、ただ配属先によって呼び方が変わるだけのようです。
これは公的機関などでは以前からケースワーカーという呼び名が使われていることに由来します。
福祉施設などそこを利用する人が直面する困難や問題ごとに対し、相談や助言、および支援をするのがその役目です。
どうすればうまくいくかを一緒に考えながら、解決に向かってお手伝いをするというわけです。
例えば老人ホームでは、利用者やその家族の相談に乗って助言・援助するだけでなく、福祉事務所や医療機関との連絡調整をしたりします。
また、その施設へのボランティア作業員受け入れなどにも関わることになるでしょう。
利用者一人ひとりに対する援助プログラムを作成する必要も生じてくるでしょう。
実際の仕事内容としてはただ単に相談に乗ることだけにとどまらず、必要に応じて多岐に渡っていくといえるでしょう。

 <  前の記事 『思い』を伝える - 手話通訳士の仕事とは  |  トップページ  |  次の記事 『ヒト』を理解し支える - ケースワーカー・ソーシャルワーカーとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6830

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。