Top >  福祉とは >  手話通訳者とは

手話通訳者とは

手話通訳者とは、聴覚障害者を一人の人間として扱ううえで、必要不可欠とされるものです。
健常者とのコミュニケーションが困難な場合、仲介役が必要となる場面も少なくないからです。
テレビドラマで扱われたこともあり、一時期、この手話というものが脚光を浴びたこともありました。
これは人々の関心を、福祉というものに以前よりも寄せることになった一因とも言えるのではないのでしょうか。
『手話通訳士』とは、厚生労働大臣認定の資格として1989年にその試験制度が始まりました。
公正な態度、さまざまなことを理解する知識、そして通訳技術を評価するためです。
実際には、手話通訳士というものは専門職ではなく、この資格がないと手話通訳をしてはいけないというわけではありません。
もともと手話通訳はボランティアで担われてきたためです。
しかしながら最近では、手話通訳者を募集する際、手話通訳士の資格を持っていることを条件にしているところも増えてきているようです。
実際の仕事内容は、その場面に応じて手話通訳だけにとどまらないようです。
手話通訳士は、手話ができる職員として扱われることが多いからです。
聴覚障害者からの相談に乗ることもあるでしょうし、また移動の際に付き添ってあげる必要も生じてくるでしょう。

 <  前の記事 『こころ』を支える - 精神保健福祉士の仕事とは  |  トップページ  |  次の記事 『思い』を伝える - 手話通訳士の仕事とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6828

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。