Top >  福祉とは >  精神保健福祉士とは

精神保健福祉士とは

『精神保健福祉士』とは、精神障害者がヒトとして社会生活を送れるように相談を受けたり、また援助・支援をする仕事です。
治療を担うのではなく、支えることを主とする仕事です。
精神医学に関わるソーシャルワーカーに対する国家資格として、1997年に「精神保健福祉士」が誕生しました。
この精神保健福祉士という職種自体は新しく生まれたものではなく、以前より精神科ソーシャルワーカーないし、PSW(Psychiatric Social Worker)という名で存在していたものです。
主な職場としては医療機関、生活支援施設、福祉行政機関、司法施設などです。
精神科病院や診療所など医療機関では、患者や家族との面談など医療と地域生活の橋渡しをするのが役目です。
社会復帰施設では自立訓練などの支援、地域生活を支援する施設では相談を受けたり、関係機関との連携の中心となり活動します。
このため、お年寄りや児童など幅広い対象を扱う場合もあります。

 <  前の記事 生活指導員・生活相談員の仕事内容は  |  トップページ  |  次の記事 『こころ』を支える - 精神保健福祉士の仕事とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6826

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。