Top >  福祉とは >  生活指導員・生活相談員とは

生活指導員・生活相談員とは

「生活指導員・生活相談員」は福祉の課題全般を担当し、中心的な仕事をしていくといっても過言ではありません。
対象者はさまざまで高齢者、身体障害者や知的障害者の方々で、その地域に住んでいるか方かまたは社会福祉施設に入所している高齢者や障害者へ相談や援助などを行い、施設で生活を送っているのならケアプランを作り、各々の人に関わってあげ、自立していけるように助けることが仕事と言えるのです。
さて、 「生活指導員・生活相談員」の仕事についてですが、仕事内容は2種類に分けられています。
この、2種類に分けられている「生活指導員・生活相談員」の仕事内容ですが、老人福祉施設で働く生活指導員は、援助プログラムを作成します。
これはふだんの生活の中での服の着替え、食事、入浴などを個人の課題などの必要なことを含んだものから作成されるのです。
そして、入退所の手続きや施設の環境整備、福祉事務所や医療機関との連携も取りあうのです。

 <  前の記事 「作業指導員」「職業指導員」の仕事内容とは  |  トップページ  |  次の記事 生活指導員・生活相談員の仕事内容は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6275

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。