Top >  福祉とは >  「作業指導員」「職業指導員」とは

「作業指導員」「職業指導員」とは

「作業指導員」「職業指導員」とは、障害者の社会復帰をサポートしている人達であるといえます。
「作業指導員」「職業指導員」の仕事として、身体的・精神的な障害をもたれている方たちは、経済的な自立や就職などは難しいために一人ひとりの障害別にできることを判断して、技術指導をしていくための作業プログラムとその内容を考えるのです。
「作業指導員」と「職業指導員」は仕事内容はほぼ同じですが、職名が法律上では分かれているのです。
名前は違いますが、仕事の内容としてはほぼ同じであるといえるでしょう。
「作業指導員」と「職業指導員」は施設に入っている人たちが社会で自立していってもらうように作業を補ってあげたり、効率よく作業が行えるように助けたりします。
各施設によって規模や形態によって違いはありますが、利用者のひとたちに木工や陶芸、織物、農作業などをしてもらい、作業する道具や
工具の開発、一般企業など施設内外にも生産や労務管理などを連携をとりながら調整していくのです。

 <  前の記事 寮母・寮夫とは  |  トップページ  |  次の記事 「作業指導員」「職業指導員」の仕事内容とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6273

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。