Top >  福祉とは >  看護師とは

看護師とは

病院へ行くと受付で「今日はどうなされましたか?」とやさしく聞いてくれる、看護士さんに出会うとすこしほっとしますね。
診察をするときも医師の治療の補助として、服の袖口をさっとあげてくれたり、包帯を巻いてくれたりと手助けをしてくれます。
帰るときもお大事にと声をかけてくれる親切な看護士さんがいると、怪我や病気も早く治りそうですね。
そんな看護士さんを目指したいと思うひともいるのではないでしょうか。
看護師の仕事は広範囲で多忙であるのは、その動きの早さからも伺われます。
病院や診療所内で朝は患者さんの検温から始まり、血圧測定、薬の管理、健康診断、施設内の衛生管理、点滴や夜間の当直での見回り、また訪問診療などの付き添いで施設外へいくこともあります。
高齢者が増えている最近では社会福祉施設での仕事も増え、病院や診療所以外でも需要が高まっています。
施設利用者個人の年齢や身体状況を把握し、各々の方に合わせた看護内容になり、臨機応変な対応と柔軟な姿勢が求められているのです。

 <  前の記事 児童福祉司・児童相談員の仕事とは  |  トップページ  |  次の記事 病人の支えとなる看護師  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6267

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。