Top >  福祉とは >  児童福祉司・児童相談員とは

児童福祉司・児童相談員とは

児童福祉司と児童相談員は、共に児童相談所で働いている職員です。
児童福祉司と児童相談員、どちらも仕事の内容はほぼ同じで、ケースワーカーとも呼ばれています。
仕事の内容は、子供たちの保護や児童の福祉に関する保護者や児童、また学校からの相談に応じ、専門的な技術に基づいて必要な指導を行います。
小児科医・精神科医や心理判定員などの専門職と協力して必要な調査や社会的診断により問題を解決する最善の方法を見つけます。
児童相談所に寄せられる相談内容は、親・保護者からは、病気や離婚、経済的事情で子供の健全な養育ができないというようなものを多く受けます。
子供からの相談は、犯罪や不良行為、自閉症・不登校といった心の問題などについてのものが多いようです。
その他国や自治体の福祉サービスの相談など、非常に多岐に渡っています。
保護者の養育放棄や児童虐待などの複雑で深刻な問題に対応するため児童福祉司・相談員には、社会学・心理学・福祉に関する知識、ケースワークの技法などの専門知識が求められるのです。

 <  前の記事 家庭相談員・母子相談員の仕事とは  |  トップページ  |  次の記事 児童福祉司・児童相談員の仕事とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6265

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。