Top >  福祉とは >  理学療法士とは

理学療法士とは

理学療法士とは、リハビリに関して医療や福祉、スポーツの分野と幅広く力を発揮できる仕事であるといえます。
理学療法士の仕事の内容は、高齢者、けがや事故による身体機能の損傷、発達の遅れによる運動機能の障害、身体的な障害を持つ人などに対して、医師より理学療法が必要であるとの指示を受けると、患者と面会し検査を行ないます。
そして体操などの運動療法、電気刺激・温熱・マッサージなどの物理療法により「立つ」「歩く」「座る」「呼吸」など基本動作を行なう
機能の回復を図るのです。
また、理学療法士は日常生活に必要な基本動作に関わる運動機能の回復を対象としたリハビリを行います。
その後の社会復帰に向けた訓練や指導は作業療法士の仕事になります。
理学療法士の行なうリハビリは、リハビリルームで行なうだけではありません。
医師による治療期間、回復期間、治療後の観察期間に渡り、ベッドサイドでのリハビリ、集中治療室での対応、リハビリルームでのトレーニング、帰宅後のリハビリなども行うのです。

 <  前の記事 作業療法士の仕事とは  |  トップページ  |  次の記事 理学療法士の仕事とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6261

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。