Top >  福祉とは >  作業療法士とは

作業療法士とは

医療と福祉を切り離して考えることはできません。
この2つの分野に渡って主にリハビリテーションを実践する作業療法士(OT)と呼ばれる職種があります。
作業療法士は、理学療法士と並び医師の指示を受け、多くの医療・福祉の専門職のチームの一員として問題解決に取り組みます。
作業療法には、「歯を磨く」「顔を洗う」「靴を履く」といった日常生活に必要な動作の訓練などを行ない、引き続いて手芸や粘土細工、楽器演奏といった作業により機能回復を図るのが一般的です。
リハビリテーションは、単に身体的な機能回復訓練に止まらず、障害を持つ人が病院や施設に囲いこまれるのではなく、地域社会の中で社会生活を送るために必要な訓練も含んでいます。
一人ひとりについて、その人に必要な生活を考え、機能を改善し以前の生活を取り戻すのか、障害や疾患を前提として新しい生活を作っていくのかなどの視点から治療を選ぶのです。

 <  前の記事 言語聴覚士の仕事とは  |  トップページ  |  次の記事 作業療法士の仕事とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6259

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。