Top >  福祉とは >  言語聴覚士とは

言語聴覚士とは

私たちは、コミュニケーションの大部分を言葉に頼っています。
言葉とは、生活する上で考えや気持ち、経験などを共有するための重要な手段ですが、病気や事故、発達上の問題で、言葉によるコミュニケーションを行なうための機能が損なわれてしまう場合があるのです。
様々な原因で言葉や聴覚に障害を持つ人を対象に、専門的な知識により検査、訓練、指導を行ない機能の回復を図る人を言語聴覚士(ST)といいます。
言語聴覚士は対処法を得るために検査を実施し、その検査結果に基づいて医師や歯科医師が診断を行ないます。
通常の医療での回復が困難であると判断が下れば言語聴覚士によるリハビリに入ります。
言語聴覚士が行なう療法は、主としてコミュニケーション障害を対象としていますが、コミュニケーションの問題は、発達障害・運動障害・聴覚障害・失語症・気管切開・発音機能障害などと関連があり、特に口は食事や呼吸と深く関わる器官であるため摂食障害や嚥下障害も訓練の対象に含まれています。

 <  前の記事 心理判定員の仕事内容は  |  トップページ  |  次の記事 言語聴覚士の仕事とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6257

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。