Top >  福祉とは >  心理判定員とは

心理判定員とは

心理判定員とは、心理的な面で問題を抱え普通の生活ができなくなった子供や、障害を持った人の自立を助けるために、心理状態を調べて判定し、どの様な処置や援助をするか計画を立てることを仕事とする専門職です。
児童相談所が心理判定員の主な職場となっており、相談・措置・判定部門に心理判定員が配置されています。
心理判定員は、子供・保護者・学校・医療機関などからの相談に応じますが、面接では基本的に子供の側に立って心を理解するように努力します。
本人が、言葉で表すことのない内面のを話しや絵遊び、ゲームなどをして観察すると共に、保護者からも考えを聞き取っていきます。
心理判定員は、心理療法の担当職員や精神科医、小児科医と相談しながら幅広く情報を集め、詳細に分析し判定した結果に基づいて、児童福祉司や他の専門家の意見も加え、レクリエーションやクラブ活動を通じた集団療法、面接による個別療法など、子供にとって必要な処置や援助を行うのです。

 <  前の記事 義肢装具士になるには  |  トップページ  |  次の記事 心理判定員の仕事内容は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6255

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。