Top >  福祉とは >  義肢装具士とは

義肢装具士とは

義肢装具士とは、医師の指示のもとで障害を持つ人に適合する義肢・装具を作る業務を行っています。
不幸にも事故や病気で身体の一部を失ってしまった人や、うまく機能しなくなってしまった人のために、失った身体の機能を補ったり、形を復元したりするために装着する人工の手足などのこと義肢と言い(義手・義足など)、また、うまく機能できない部分の機能回復を図り、機能低下を防ぐよう装着する器具のことを装具と言います。
最新の医療理論に基づき、ハイテク技術を駆使して製作された義肢や装具は、その性能や適合精度の高さに於いて目を見張るものがあります。
義肢や装具の製作はほとんどが手作業で行なわれています。
義肢や装具を装着した人の苦痛や違和感を最小限に止めるよう義肢装具士は日々、研究を重ねているのです。
また、慣れない患者に対して、装着時の恐怖心を和らげるため、心への配慮をすることなども診療の補助行為として義肢装具士の重要な仕事の一つとなります。

 <  前の記事 福祉住環境コーディネーターの仕事内容は  |  トップページ  |  次の記事 義肢装具士になるには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6253

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。