Top >  福祉とは >  福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは

社会の高齢化が進む中で、お年寄りが安全に自宅で生活を送るためには、住宅のバリアフリー化に目を向ける必要があります。
なぜなら、僅かな段差につまずいたり、浴室で転んだりする家庭内事故が問題視されているからなのです。
住む人の体力や障害の程度にあわせた住環境づくりが求められる中、「福祉住環境コーディネーター」の仕事に対する期待は大きいのではないでしょうか。
家の構造によって、お年寄りや障害のある人が家の中での生活に不自由したり、せっかく用意した福祉機器や介護道具が充分に活用できていなかったりといった不都合を解消するために、行政、医療や福祉、建築などの専門家と連携して、住宅の整備を提案していくのが福祉
住環境コーディネーターの仕事です。
福祉住環境コーディネーターは住宅改造についての相談を受けると、各家を訪問し障害者の障害の程度を理解することからはじめ、ベッドの位置、廊下と部屋の境の段差、トイレや浴室の状態など、様々な面から日常生活に不便なところを把握するのです。

 <  前の記事 ボランティアの存在とは  |  トップページ  |  次の記事 福祉住環境コーディネーターの仕事内容は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6251

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。