Top >  福祉とは >  福祉施設におけるボランティア活動

福祉施設におけるボランティア活動

「ボランティア」と言えば「慈善活動」と捉えるのが一般的だと思いますが、実際に現場で活動した人にとって、ボランティア感はその範囲を超えているようです。
ある地域が災害に見舞われると、その地域の救援、復興のため全国各地から多くのボランティアが個人・団体・企業を問わず集まって来ます。
ボランティアの活動ぶりはマスコミなどでも大きく取り上げられて来ました。
当地での活動を終えた人たちの多くは、その経験を地域や職場などで活かしながら、より改善されたボランティア活動ができるよう工夫し続けているようです。
ボランティアの存在は、福祉の現場でも大変重要な役割を持つようになってきました。
例えば、障害者更生施設での活動では、施設利用者の散歩の付き添いや作業活動の補助、移乗介助の補助などをすることで利用者の行動の幅を広げることができるのです。

 <  前の記事 身体障害者福祉司になるには  |  トップページ  |  次の記事 ボランティアの存在とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6249

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「福祉の仕事 ~福祉関連の仕事のいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。